甲府の技 こうふの匠

どうしてこんなに惹かれるのでしょう、その眼差し、手先。


先日、山梨県立美術館で、「燿る技(ひかるわざ)~引き継ぐ伝統 故郷の達人」という写真展を見てきました。

山梨県の伝統を紡ぐ方たちを、県内で長く活躍していらしたフリーカメラマンの浅川毅さんが何年もかけて撮影した作品展です。

撮影した、と簡単に言えないくらい、一瞬の姿に、それまでの歴史を伝えるこの写真は、今の山梨を伝える貴重な作品です。


パンフレットにこう記してありました。

「山梨県には国・県の名工、あるいは伝統工芸の仕事を引き継いで働いている人達、ものつくりに一生を捧げて県内の産業・観光を支えてる匠たちがおります。その努力と情熱には大変なものが感じられます。その割にはあまり理解されておりません。今回はこの匠たちの仕事場に入り込み、一心不乱に物造り励んでいる姿を撮影してきました。ものつくりの匠たちを少しでも理解して頂き、応援していただきたく思っております。

今回の達人達はまだほんの一部にすぎません。県内にはまだまだ大勢の達人がおります。今後第二、第三回と紹介したく思っております  ー浅川毅」

                       



まさに、です。

山梨県には、今も昔も変わらぬ伝統工芸を守り続け、日本の生活を支える人がいます。写真に収められた姿からは、年月を重ね、技を極めた匠の心意気までが伝わってきます。




職は、地域の歴史が色濃くでます。

富士山麓など、郡内地域は織物、染色。

日本の古来から続く伝統の硯、印章、花火師、手すき和紙、臼造り、仏具、窯業などは南部地域。

果樹地帯である東部地域は果樹園芸、ワイン醸造家。

北部地域は新しい作家さんたちが集う場所ですから、オルガン作家、吹きガラス、藍染めなどの匠がいます。


そして、甲府です。


水晶、貴石工芸、宝飾ジュエリー、印伝、印章、煮貝、書道家、額縁、表具、料理、畳、左官など、伝統工芸と、生活に密着した、それはそれは多くの思いと技術が今に受け継がれています。


水晶の産地、日本一の宝飾のまち。町民文化が花ひらいた場所です。細かな手仕事と感覚が必要なものばかりです。

 

特別に浅川さんにお願いして、甲府のみなさんのお写真お借りしました。

今回ブログに載せることも、匠の皆さん快諾くださいました。



まなざしや手先、そしてその姿が「職」というものの在り方を教えてくれる甲府の匠です。ご紹介させてください。順不同です。





現代の名工 貴石 半貴石 水晶彫刻 河野道一さん(河野水晶美術)





宝飾加工職人 深澤利彦さん(錺工房深澤)



書家 大橋南郭さん(玄遠書道会会長)



左官業 菅野健五さん(菅野プラスター工業)




はんこ職人4代目 手彫印章作家 小宮山一昭さん(柳玉堂 小宮山印房)





甲州印傳伝統工芸士 山本誠さん(印伝のやまもと)





フレームマイスター 加賀美潔さん(山鏡堂)




レストランオーナーシェフ 早川洋一さん(レストランスコット)




民芸作家 大沼富士夫さん(甲州だるま)





畳職人 清水浩二さん (清水畳店)




民芸作家 斉藤岳南さん (民芸工房 がくなん)




手彫印章家 川崎昌宏さん (川崎印房)




現代の名工 水晶研磨 依田和夫さん





水晶研磨 清水幸雄さん(シミズ貴石)



宝石彫刻家 宅間悦二さん(宅間宝石彫刻)


ジュエリー作家 小池幸夫さん(小池製作所)



煮貝専門 飯島彰さん(みな与商事)



調理師 塩見順造さん(とんかつ力)






表具師 石部尚樹さん(表具凪於彌)


宝石彫刻家 宅間康二さん(宅間宝石彫刻)


宝石彫刻家 宅間亘さん(宅間宝石彫刻)




この写真はほんの一部です。この人、あの人も入れてほしい。あの人の技を残したい。そんな方、そんな技術がたくさん甲府のまちには存在します。



写真に収めていくことも、甲府の今と昔、そして未来をつなぐ大切なことだなーって思っています。

「今」なのに、歴史を感じる。それが時代を超える伝統なんだと思います。


甲府にはこれからも紡ぐ伝統があります。




KOFU500 Heritaging

2019年に500歳のお誕生日を迎える甲府のまち。 歴史と今をこうふコンシェルジュが勉強していくっていうページ。 8月にできる「こうふ開府500年公式ホームページ」のこれは影武者サイトです♪なかなかない機会なのでこの際、いろいろ楽しみたいなーって思っています!一緒にいかがですか? 甲府にある味わい深い、建物や場所、時代を超えて価値あるものを紹介します!歴史の事でない、「今」ももちろん!