六曜館珈琲店本店

記事一覧(28)

甲府勤番と商工会議所と中央線開通。ひな祭り4月3日の謎。

4月になっても市役所の一角にお内裏様とお雛様が飾られています。「お雛祭りは3月3日」じゃないのか?だしっぱなし?いえ、山梨のお雛祭りは3月3日でもあるし、4月3日でもあるんです。3月3日の起源は、旧暦の3月最初にくる巳の日、上巳の節共(句)です。3月3日と3が重なるのは中国の重日思想の普及からです。桃の咲く季節だから、桃の節句とも言いました。明治5年に新暦になり、3月3日に咲いているのは梅くらいですよね。そこで、大正の初め、甲府商工会議所の前身である甲府商業会議所が「新暦の3月3日は桃には早い!だったら4月3日の桃の季節にしよう!」と呼びかけました。養蚕で忙しくなる、農業が忙しくなるっていう事も相まって、山梨県下に広まったのです。この甲府には、この日付以外にも独自のお雛様の文化がありました。江戸末期嘉永3年の記録「甲斐の手振」によると、2月下旬から3月の節句までの間には柳町、八日町、魚町あたりに雛市がたったと記されています。ここで売られていたお雛様は「当国(甲斐)の製押絵多し」。甲州流の押し絵雛というのがあったのです。この押し絵雛は色とりどりの絹やちりめんの余り裂を寄せ集め、それを髪形や顔や小袖の形に切って厚紙に張り付けて人型に作るもので、布地の下地へ薄綿を張り付けてふっくらと盛り上げて非常に優美なものです。残念ながら、白黒の資料しか手元になくて、お見せできないのですが、これが甲州名物押絵ヒナです。